円形校舎を守ろう えん結びプロジェクト

鳥取県倉吉市にある日本で一番古い旧明倫小学校円形校舎の保存と活用を目指して活動しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

平成20年の独自の耐震診断 「震度5強の地震でも倒壊しない」

平成20年に、坂本鹿名夫建築研究所OBの松嶋晢奘氏に、独自に耐震診断をしてもらったことがあります。
この時は、倉吉市役所が旧明倫小学校円形校舎を「危険建物」だとして平成21年に解体するという方針を出していた時期です。

なぜ「危険建物」だと判断したのかその理由を市役所に問い合わせたのですが、単に老朽化しているということだけで明確な返答が無かったので、それなら安全だということを証明しようと松嶋さんにご協力いただいて診断をしてもらったという次第でした。

市役所の協力を得て行なった耐震調査ではないので、学校に残っていた設計図面と実際に建物を確認されての簡易診断だという制約はありましたが、結果は「震度5強の地震でも倒壊しない」という結論でした。

診断に対する大嶋信道氏(倉吉出身の建築家)の解説によると

「コンクリート強度は仮定ですが、Fc=100kgf/cm2 の場合でも、震度5強の地震でも倒壊しないという結論です。Fc=100kgf/cm2というのは、現在の新築の建物のコンクリート強度(Fc=240kgf/cm2)の約40%のときでも大丈夫ということです。実際に建物の一部をコア抜きして、強度試験をおこなえばもっと安全側の結果に出る可能性が大きいです。」

ということでした。
今回の調査ではコンクリート強度は全く問題ないという結果が出ていると聞いています。
だとすれば、松嶋さんの診断だと旧明倫小学校円形校舎は耐震的には問題ない?

まぁ、勝手にやった診断でしたので、市役所がこの結果を正式に取り上げることはありませんでしたが、それでも平成21年の解体方針が見直されたのは、この結果のお蔭だったと思っています。

P1.jpg P2.jpg P3.jpg P4.jpg P5.jpg P6.jpg P7.jpg P8.jpg P9.jpg P10.jpg P11.jpg P12.jpg P12.jpg P13.jpg P14.jpg P15.jpg P16.jpg P17.jpg P18.jpg P19.jpg P20.jpg P21.jpg P22.jpg
スポンサーサイト

| 記録 | 07:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメント















非公開コメント

トラックバック用URL

http://enjoinus.blog.fc2.com/tb.php/26-f63e9713

トラックバック

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。